弁護士の視点で

                     前へ<<               >>次へ
福岡!企業!元気!のための法律ワンポイント 《平成29年8月号》
相続・遺言D 遺言書における預貯金の扱い
  質 問

【質問内容】
 相続時の預貯金の扱いについて、平成28年12月の最高裁の判断により、従前と扱いが異なるようになったと聞きました。遺言書を作成する場合、遺言書が無い場合、どのような影響があるのでしょうか。

  回 答

  1 最高裁判決について
 平成28年12月19日に、最高裁判所は、相続における預貯金の扱いについて、新たな判断をしました。その概要は「預金は、相続開始と同時に当然に分割されることなく、遺産分割の対象となる」というものです。
 普段から遺言や相続に関する業務に携わっていない限り、全く重大性が分からないと思いますが、これまでの裁判実務、遺言、相続実務と大きく異なる判断がなされたのですから、以下のとおり、その影響は大きなものがあります。
 少し解説をします。
 これまで、預貯金債権は、相続発生と同時に法定相続分に従い、各相続人が取得することが可能でした。具体的には、父名義の預金600万円があり、その法定相続分が4分の1であれば、金融機関にその4分の1である150万円を直接に払い戻すように求めることが可能でした。
 ただし、実際の銀行実務としては、全相続人の印鑑を求める運用がなされており、相続の手続きを求め銀行窓口に行っても、「法定相続人全員の印鑑が押印しないと払戻をしない」と案内をされていました。しかしながら、実際には、法定相続人が上記の場合であれば150万円の支払いを求め裁判をすれば、払戻を求めることができたのです。
 ところが、今後は、「当然に分割されず、遺産分割の対象になる」ので、遺産分割がなされるまでは(全員の印鑑が押印されるまでは)、預貯金は凍結されたままになってしまいます。
 なお、これまでのルールに弊害は大きかったのは事実です。例えば、長男は特別受益が多々あり、二男は父の財産形成に貢献した、その結果、多額の預貯金が遺産として残された、というような場合に、財産形成に貢献せず、散々父の面倒になった長男も預金を2分の1取得できたのですが、今後は、その点を考慮して、裁判所が長男3割、二男7割といった判断もできるようになったのです。

2 遺言書作成における留意点
 例えば、これまでに遺言書を作成していたが、「預貯金については死亡時の額も分からないので法定相続分で良い」として遺言書に記載がなかった場合には、預貯金だけで遺産分割協議を行わなければならなくなりますので、その点の遺言書の修正が必要となります。
 また、預貯金口座の記載が不正確だったという場合にそなえて、「その他の一切の遺産は長男Aに相続させる」といった記載をしておくなど、預貯金だけが遺言書の対象とならないようにすべきです。

3 その他
 全員に印鑑をもらえばいいだけだと思うかもしれませんが、嫌がらせで印鑑を押してくれない相続人、あるいは連絡がとれない相続人がいることもあります。そのように考えると、今回の最高裁判決が遺言書作成、遺産分割実務に与える影響は大きなものがあります。
 色々と煩雑な思いをしたくなければ、遺言書を作成する場合には、「その他、一切の遺産は○○に相続させる」の一文を入れることをお勧めします。

回答者 弁護士 小川 剛
小川・橘法律事務所
810-0041福岡市中央区大名2-4-22新日本ビル8F
電話092-771-1200 FAX 092-771-1233

                     前へ<<               >>次へ
弁護士の視点でリストに戻る