許認可事業のココロエ

                     前へ<<               >>次へ
福岡!企業!元気!のための許認可事業のココロエ 《平成27年7月号》
「改正道路交通法の施行」について

 今回も前回に続き、このコラムのタイトルである「許認可事業のココロエ」の主旨とは少し異なった内容になりますが、平成25年6月14日に公布された「道路交通法の一部を改正する法律」に基づき、平成27年6月1日に施行される規定についてご紹介したいと思います。
 今回の施行のポイントは自転車利用者対策です。今回はここに注目してみたいと思います。

【 これまでの自転車の違反行為について 】

 今回の施行により簡単に言うと自転車への罰則が強化されます。最近の健康ブームにのって自転車を利用する人も多くなっており、多くの人に関係のある改正ですが、詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。
 これまで自転車の違反行為には、通称「赤切符」と呼ばれる罰金刑が科せられる手続きしかありませんでした。この違反の場合は、刑事裁判を受けることになります。検察で取調べが行われ、裁判により刑罰が決められます。 実際は、 裁判とはいえ違反した事実を認め不服のない場合は、 「略式裁判」を受けることになるようです。 「裁判」と名がついていますが、法廷で審理するようなものではなく、書類や証拠等を確認のうえ、罰金額が決定される手続きとなり、基本的に100%有罪(罰金刑)となります。
 現実的には悪質なケースのみ摘発され、多くは指導・警告・注意で終わっていました。
 ところが今回の改正法の施行により、則赤切符ではなく、赤切符以外の摘発が可能になりました。今まででは指導・警告・注意で済んでいたものも摘発しやすくなったのです。

【 違反するとどうなるのか 】

 3年以内に2回以上の一定の危険な違反行為(危険行為)をして摘発された自転車運転者に公安委員会から「自転車運転者講習」の受講命令がきます。
 この講習は講習時間3時間、手数料5,700円となっています。
 この講習命令に従わなかった場合、5万円以下の罰金刑になります。

【 摘発の対象となる危険行為とは 】

 摘発の対象となる危険行為は以下の14種類が示されています。
 @ 信号無視
 A 通行禁止違反
 B 歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
 C 通行区分違反
 D 路側帯通行時の歩行者の通行妨害
 E 遮断踏切立入り
 F 交差点安全進行義務違反等
 G 交差点優先者妨害等
 H 環状交差点安全進行義務違反等
 I 指定場所一時不停止等
 J 歩道通行時の通行方法違反
 K 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
 L 酒酔い運転
 M 安全運転義務違反

 上記には記載されていませんが、傘差し運転や携帯電話などを操作しながらの運転、イヤホンで音楽を聴きながらの運転、二人乗りや並進なども違反行為になり、Mの安全運転義務違反になるようです。  自転車は気軽に乗れる乗り物ですが、道路交通法上は「軽車両」に分類されています。
 「一方通行」や「進入禁止」の通行区分のところで「軽車両を除く」と標識にあれば問題ないのですが、平気で逆走している自転車をよく見かけますが、あきらかに違反です。
 また「一時停止」のところを停止せずにそのまま走行する、 「歩行者専用」の歩道を自転車が走っている、などもよく見かけます。

【 対策はどうすれば良いのか 】

 簡単なことですが、交通ルールを守ることです。成人であれば多くが車の運転免許を持っていると思いますので、自転車も車と同じと考えれば問題はありません。
 未成年者は車の運転免許を持っていないので道路標識の意味はわからないかもしれません。学校で自転車の教習などがあるかもしれませんが、保護者がきちんと指導することが重要だと考えます。
 最近は自転車事故で相手方が死亡した事例もよく耳にします。兵庫県では自転車保険の加入を義務付ける条例も施行されました。万が一のために保険にも加入しておきたいものです。

回答者 特定行政書士 久々宮典義
一般貨物運送業 建設業 建設関連業 産廃収集運搬業 宅建業などの各種許認可申請
くぐみや行政書士事務所  特定行政書士 運行管理者(貨物) 久々宮典義
〒815-0032 福岡市南区塩原3 丁目22-11 ラフォーレ大橋104
TEL 092-213-0606  HP : http://www.kugumiya.com/
                     前へ<<               >>次へ
許認可事業のココロエリストに戻る